MUTEKI芸能人AV情報

坂口杏里のMUTEKIデビューは、これからの芸能人AVを変えるでしょう

 

↓無料サンプルはコチラ↓

芸能人ANRI What a day!!

 

坂口杏里のMUTEKIデビューは、これからの芸能人AVを変えるでしょう

 

2016年、高橋しょう子とともに、AV業界にビックサプライズを起こした1人が、元人気タレントの坂口杏里です。

 

彼女のMUTEKIが制作した芸能人AVも大きな話題となり、デビュー作は、記録的な大ヒットになりました。

 

しかし、高橋しょう子のように、AV業界全体の売り上げの半分以上も占めるぐらいにバカ売れするAV女優にはなれませんでした。

 

その理由は、見れば解る通り、単純に肉体の美しさにあるでしょう。

 

デビュー作は、超話題になり、売れまくりましたが、評価に関しては惨憺たるものでした。

 

いろいろな評価がありましたが、目立った評価は、

 

・乳首がやけにとんがっていてキモイ
・お尻が汚い
・体がガリガリで不健康に見える

 

などなど、肉体の美しさに関する低評価ばかりでした。

 

ホスト遊びに狂い、すごい借金を抱え、不健康な生活で、体を壊していたのかもしれません。

 

↓無料サンプルはコチラ↓

芸能人ANRI By KING

 

坂口杏里の芸能人AVは、非常に用意周到に仕組まれたプロに仕事だった!?

 

2016年という年は芸能人AVがとんでもない勢いで売れまくった年でした。その中心にいるのが、間違いなく、芸能人AV専門メーカーのMUTEKIです。

 

MUTEKIは、2016年の1年で、創立史上の最高益を達成したと思います。

 

このMUTEKIの芸能人AV大躍進の裏には、すご腕のスカウトマンたちのプロの仕事があったことは間違いないでしょう。

 

高橋しょう子が、2016年の5月にMUTEKIから芸能人AVデビュー。これが、超大当たり。この状況を見て、AV業界の関係者は、二匹目のドジョウを狙っていたと思います。

 

この2016年の夏にかけて、仲村みうと、坂口杏里の2人の名前がすごく注目されていました。

 

結果的に2人ともAVデビューすることになります。しかし、風俗嬢として働いていた仲村みうはともかくとして、この時はまだバリバリの芸能人だった、坂口杏里がまさかAVデビューするとは夢にも思いませんでした。

 

この時、坂口杏里のMUTEKIデビューを予想していた人は誰もいなかったでしょう。

 

しかし、それが起こってしまったのは、すご腕スカウトマンたちのプロの仕事があったからです。

 

スカウト、プロダクション、ホストクラブの連携プレイ

 

週刊誌などの情報を深く読んでみると、今回の坂口杏里のAVデビューには、壮大な仕掛けがあったことが解ります。

 

つまり、スカウトマンとホストクラブ、そしてAVプロダクションの三者が、連携プレイで、坂口杏里をAVデビューさせたということです。

 

ホストクラブで豪遊して借金を重ねていた彼女にAV出演を持ちかけ、彼女の名前を売るために、わざと計画的に某有名お笑い芸人とお付き合いまでさせたわけです。

 

その証拠に、彼女のAVデビューが決まると、某芸能人に取材が殺到。

 

しかも、AVのタイトルが、「What a day」「ANRI By KING」と某お笑いタレントの名前やキャッチフレーズそのものになっています。

 

これはお笑いタレントだから、AVのタイトルにしても、笑いにできるし、しかも、批判はしにくいというしたたかな計算もあったのだと思います。

 

スパイや工作員レベルの作戦がないと、大物芸能人の芸能人AVは無理

 

小向美奈子の芸能人AVが、本当に命がけのスカウト活動が実った結果であったことは、すでに、別のページに書きました。

 

高橋しょう子に関しても、グラビアアイドル時代にいろいろと、不純交際疑惑があり、芸能活動が休止となっていました。そんな彼女を見つけだして、AV出演を説得させるのは、、多大なエネルギーと時間、それに、スパイや工作員レベルの作戦があったに違いありません。

 

今回の坂口杏里のAVデビューに関する、したたかな関係者たちの動きも見ていると、これからは、ただナンパ師みたいなスカウトマンではAV業界では大儲けすることは不可能だということがよく解ります。

 

どうして、こんなに優秀なスカウト関係者が最近、生まれてきたのかというと、それは、やはり、奨学金などの問題により、本当に優秀な大学生などが、死ぬ気で自分の将来のために、芸能関係者などをスカウトするようになったからでしょう。

 

今では、一流大学の学生がホストクラブで働いていることは当たり前のことになっています。

 

NHKでさえ、ホストクラブで働く、一流大学に在学している男性を取材するまでになっています。

 

高度成長期だったら、バリバリの超優秀な企業戦士だったはずの人間が、今は、AV関係の敏腕スカウト関係者として働いているという現実があるのです。